マウス研究支援ユニット

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立遺伝学研究所
トランスジェニックマウスや
ノックアウトマウスの作製を支援します!

共同研究の受け入れ

次世代ゲノム時代においてマウスをモデルとした遺伝子機能解析実験の需要は高まっています。
特に、近年、CRISPR/Cas9法を用いた遺伝子編集技術が導入され、比較的簡単に遺伝子ノックアウトマウスの作製が可能になってきました。しかし、マウスの作製と維持には遺伝子組換実験の認可がおりた動物実験施設と高度な動物作製技術が必要です。

大学共同利用機関である国立遺伝学研究所では、マウス研究支援ユニット(以下「ユニット」という)。
ユニット長:相賀裕美子 発生工学研究室・教授)が研究所内においてマウス研究の支援を行ってきました。
この度トランスジェニックマウス及びノックアウトマウスの作製技術を生かし、大学等の公的研究機関からの依頼を共同研究として受け入れることになりました。  

共同研究を希望する研究者(大学等公的研究機関に限る)とは、機関との共同研究契約を締結いたしますので、技術支援内容をご確認の上、下記連絡先までお申し込みください。