NIG Mouse - Mouse Genetic Resouces

昭和26年に北大理学部より吉田俊秀元細胞遺伝部長によって、ラットおよびマウス約10系統が移され、国立遺伝学研究所におけるネズミの系統保存が始まりました。その後、外国より輸入した系統や、海外学術調査で採集した野生ネズミが加わり規模が大きくなりました。 ..詳細はこちら


維持しているマウス系統の概略

国立遺伝学研究所で維持しているマウス系統の概略を以下のリストに示します。
詳細は、系統リストを参照してください。

マウス開発研究室で維持しているマウス系統リスト

系統分類 閲覧可能な系統数 提供可能な系統数
Live Frozen
全ての系統 142 4 0
標準近交系 9 0 0
H-2コンジェニックマウス: H-2(B10系) H-2(A系) H-2(C3H系) 15 0 0
野生マウスのH-2染色体を導入したB10コンジェニック系統 14 0 0
B10.MOL-H-2コンジェニック系統由来のH-2染色体組換え系 34 0 0
その他のコンジェニック系マウス 11 0 0
染色体変異を持つ系統 3 0 0
突然変異遺伝子を保有している系統 10 0 0
野生マウス由来の系統 15 4 0
B6-ChrNMSMコンソミック系統 30 0 0
ロバートソン転座 系統 1 0 0

マウス開発研究室で維持しているマウス系統の内、交配によって維持している系統の種マウスの分譲を行っています。また、凍結胚として維持している系統につきましてご相談ください。

〒411-8540   静岡県三島市谷田1111
国立遺伝学研究所 マウス開発研究室
Fax : 055-981-5844
Phone : 055-981-5843
E-mail :
(スパムメール防止のため画像で表示しています。ご自分でこの電子メールアドレスをご入力ください。)