ASKAクローン - 概要

ASKAクローンとは

  • 宿主株  AG1(ME5305)
    ASKAクローンはW3110株のゲノム情報(GenBank ID: AP009048.1)を元にして作られています。そのため、MG1655株の遺伝子とは一部異なるものが含まれています。
    ASKAクローンの宿主株AG1はチアミン及びヒスチジン要求性ですので、最小培地で培養する際は1 μg/ml チアミン及び40 μg/ml ヒスチジンを加えて下さい。

AG1(pCA24N, -gfp) 追加情報

GFP遺伝子はpCA24NをNotl切断後、self ligationすることによって取り除いた。
DNA Research 12, 291-299(2005)

License Agreement Non-Commercial Use of GFP

下記、「License Agreement Non-Commercial Use of GFP」を必ずお読み下さい。

ASKA クローン GFP (+)は、GE Healthcare UK(Limited)のGFPに関するライセンスにより、 Non-commercial research use への分譲しかできません。
Non-commercial research use 以外の利用については、以下にお問い合わせください。
現状では、公的研究機関や国公私立大学以外への分譲は難しいと考えられます。

<お問合せ先>
情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所
知的財産室
Tel: 055-981-5835
FAX: 055-981-5832
e-mail: chizaiAddress.gif

non-commercial research use

NBRPは、non-commercial research useに限り、Keio コレクション、ASKAクローン(GFP-)の分譲を行っています。
non-commercial research use 以外の利用について分譲を希望される場合は、以下にお問い合わせください。

<お問合せ先>
国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
産官学連携推進本部
Tel: 0743-72-5191
FAX: 0743-72-5194
e-mail:email_ip3f_nara.gif
page-top
/ecoli/strain