HOME MUTANTS CRE TRANSGENIC BALANCER PROMOTER SEARCH FAQ & CONTACT
ミニアンケート集計結果はこちら     MUTANTS
キーワード検索
分離済み変異体
スクリーニング中変異体
  

分離済み変異体
変異体一覧
項目検索
分譲申し込み方法
MTA
技術的なコメント
論文情報登録

スクリーニング中変異体
進行状況
スクリーニング申し込み方法
スクリーニング申し込み

フィードバック
フィードバックの
お願い
 
 
 

Last Update
null

 
staff only
AVAILABLE MUTANTS (ISOLATED)
 変異体 To English >>
 
Record No. 2905
対立遺伝子 tm2905
Sequence Name F26H9.4
CGC Name F26H9.4
Worm Base 対立遺伝子 tm2905
CGC Name F26H9.4
Sequence F26H9.4
表現型 lethal or sterile.
変異部位 18699/18700-19219/19220 (520 bp deletion)
染色体 I
遺伝子構造 complement(join(18360..18725, 18932..19055, 19100..19209, 19257..19328))
マップポジション 3.74
バランサ hT2
バランサマップポジション
プライマー配列 IntRev:TCTTGCCGTCGGGTCGTTCA,ExtRev:GTATCCTGATTTTCCACCTG,IntFwd:AACTAACTCCACTGGGACAC,ExtFwd:ATAACCTCATCTGGCGTCGA
変異体送付先
寄託者 Dr. S. Mitani/NBRP
文献  論文登録
Wang W, McReynolds MR, Goncalves JF, Shu M, Dhondt I, Braeckman BP, Lange SE, Kho K, Detwiler AC, Pacella MJ, Hanna-Rose W.
Comparative Metabolomic Profiling Reveals That Dysregulated Glycolysis Stemming from Lack of Salvage NAD+ Biosynthesis Impairs Reproductive Development in Caenorhabditis elegans.
J Biol Chem. 2015 290(43) 26163-79 
[ PubMed ID = 26350462 ] [ RRCの論文情報 ]