HOME MUTANTS CRE TRANSGENIC BALANCER PROMOTER SEARCH FAQ & CONTACT
ミニアンケート集計結果はこちら     MUTANTS
キーワード検索
分離済み変異体
スクリーニング中変異体
  

分離済み変異体
変異体一覧
項目検索
分譲申し込み方法
MTA
技術的なコメント
論文情報登録

スクリーニング中変異体
進行状況
スクリーニング申し込み方法
スクリーニング申し込み

フィードバック
フィードバックの
お願い
 
 
 

Last Update
null

 
staff only
AVAILABLE MUTANTS (ISOLATED)
 変異体 To English >>
 
Record No. 1126
対立遺伝子 tm1126
Sequence Name C47G2.1
CGC Name cut-1
Worm Base 対立遺伝子 tm1126
CGC Name cut-1
Sequence C47G2.1
表現型 homozygous viable. Dr. P. Bazzicalupo: Dev. Biol.282, 231-245 (2005).
変異部位 2902/2903-3513/3514 (611 bp deletion)
染色体 III
遺伝子構造 join(2562..2679, 2992..3217, 3898..4636, 4687..4878)
マップポジション 3.39
バランサ
バランサマップポジション
プライマー配列 IntRev:ACTGAGCAAGTGTGGCACGT,ExtRev:GGGGAGGCTCCCTGGAATAT,IntFwd:AAGCCCTTATACGACCTCTA,ExtFwd:GCGACCGAAAATTCTGGGAC
変異体送付先
寄託者 Dr. S. Mitani/NBRP
文献  論文登録
Gilleland CL, Falls AT, Noraky J, Heiman MG, Yanik MF.
Computer-Assisted Transgenesis of Caenorhabditis elegans for Deep Phenotyping.
Genetics 2015 201(1) 39-46 
[ PubMed ID = 26163188 ] [ RRCの論文情報 ]

Sapio MR, Hilliard MA, Cermola M, Favre R, Bazzicalupo P.
The Zona Pellucida domain containing proteins, CUT-1, CUT-3 and CUT-5, play essential roles in the development of the larval alae in Caenorhabditis elegans.
Dev. Biol. 2005 282(1) 231-45 
[ PubMed ID = 15936343 ] [ RRCの論文情報 ]